0.00001%

アクセスカウンタ

zoom RSS 隠れた名作

<<   作成日時 : 2017/01/15 08:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ヤダモン、滅びゆく運命を背負った、蝶の種族の魔女の物語。

といっても、前半はおてんばヤダモンの成長のお話。

後半、師匠と女王により卵に封じ込められた、闇の力に偏ったキラという、保母系にゃんこ
おねいさん、しかし秘めたる反骨精神は随一かも。

闇落ちヒロインがこれがまた一部考えが共感できるやら。さすがに闇にのまれたり
師匠を闇で食いつぶしたり、ともに師匠に学んだ女王の愛娘から光の力を奪うっていうのは
いきすぎているとは思うが。滅びにたった一人抗い、その抗い方さえ間違わなければ、
もっと違った運命が待っていたのか、

それとも、滅びという運命でキラという穏やかな物腰の魔女が暴走し、結局
滅びへと向かってゆくのか、一見強面の女王が、光と闇のバランスが一番よいというのは
びっくりでした。でも、さすが女王といだけあって風格やらやさしさ、非情になりきれないところが
やっぱり女王樽器の持ち主なんだなぁといった感じで、脇役と言えど、
存在感が圧倒的、幻想的なEDを見ればママモンの良さがわかる。

そんなヤダモンのDVDBOXはこちら、

でも、オリジナルOPとEDが一番だなぁ。
ベリアル自己犠牲回は衝撃的すぎて、心にぽっかり穴があいた。女王の声なき絶叫。
悲痛と悲しみとやるせなさが一気に出ていて、声なき絵だけのシーンだったけれど、闇を
請け負いドロドロになって自我を失う前に師匠たる自分を討て、なんちゅう展開。
そしてやむなく女王は師匠ベリアルを消滅させることになる。今まで自分を支えてくれた、
人生の先輩でもあり、胸中お察ししますというか、思い入れのある女王が、胸が引き裂かれん
ばかりのシーンで、悲しかった。
ヤダモン DVD-BOX 2
ジェネオン エンタテインメント
2007-12-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヤダモン DVD-BOX 2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

隠れた名作 0.00001%/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる